トップページ

    このサイトではランドローバーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ランドローバーの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と考えている場合は以下で紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    イギリス車のランドローバーを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの買取店のみとか家の近くにあるランドローバーの正規ディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので気を付けてください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、ランドローバー(Land Rover)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社へランドローバーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからランドローバーの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが所有しているランドローバーの買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、イギリス車のランドローバーを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    ランドローバーの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「サクッと数年落ちランドローバーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのランドローバーでも高額買取が実現します。

    約10社の業者がランドローバーの見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたランドローバーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、複数の業者があなたのランドローバーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたランドローバーを1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車の買取業者。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。全国に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、イギリス車のランドローバーを売るなら一般の買取店より高く売ることができる可能性が高いです。
    なので、イギリス車のランドローバーなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して買取金額を比べてみてください。

    いくつかの買取業者に査定依頼をした後で、一番最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたランドローバーを売却しましょう。






    車買取コラム

    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、それ程気に病む必要はないといえます。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり明らかにへこみがある場合、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、減額されるのが嫌だからと言って自らお金を出して修理しても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    大抵の業者は良心的ですが、ごく一部に見られることですが、悪質な手段を講じる中古車買取業者も中にはあります。

    手口の例としては、見積もりを申し込む時に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、即時にその車を明け渡すように勧められて、車の引き取りを行ってからお金を渡さずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    決められた一定の契約手続きを行おうとせずにせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。

    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルにはいくつかあるでしょうが、これらトラブルの中には実際に酷く質の悪いものもあるのです。

    査定額に納得して車を手放した後から、再度チェックしたら問題が出てきたと売却金額を下げられてしまう事も実際にたくさん見受けられます。

    それよりも酷いケースになると、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    悪質なケースに巻き込まれた場合には、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、自分で買取業者を探して売る場合は、話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

    代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合はあらかじめ査定を依頼する前に代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    うっかりしていると業者次第でまったく代車がないなどということもありますし、早いうちから確認しておくことが大事です。

    もしチャイルドシートをつけたままの自動車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。

    チャイルドシート類はどこの業者の査定でも採点される項目には含まれていないからです。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートは中古でも人気が高い品物ですから、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、きちんと値段がつくものですし、オークションでもブランド製で美品なら思いがけず高値で処分できる場合もあります。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なくあくまでも初度登録年から数えますから、気をつけてください。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば値段がつかない車も出てきます。

    市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、裏を返せば、買う人からすれば状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、対個人で売却する方法もありますね。

    売買の間に業者が介入しない分だけ、双方が得するように売ったり買ったりできるのです。

    そうは言っても、契約の全てを個人同士がすることになりますから非常に手間がかかりますし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。

    金銭面に関して言えば、極力一括払いでお願いするようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、プラス査定になることが多いです。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えて汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、その中古車の査定額が高く見積もりされることはないのです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、買取から売却の間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。

    家族名義の車や別居の親族の車なども正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    その場合は書類も増えますし、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。